2007年10月05日

FX用語 ***** レバレッジ

昨日はレバレッジというコトバを使いましたが、今日は詳しいお勉強です。
レバレッジ(Leverage)はてこの原理のことです。
レバレッジを効かせることで、小額の資金で大きな取引が可能になるのです。
FXではこの公式が基本となります。

  証拠金 × レバレッジ取引金額 

証拠金とは自分のFXの口座に入れてある金額で、レバレッジを自分で設定することにより
取引金額(買い注文する金額)が決まるのです。

 今、口座に10万円はいっているとして、
 1万ドル(1j100円と仮定すると100万円)買うとしたら・・・
 上記の数式を変形させて

  レバレッジ(10) = 取引金額(100万円) ÷ 証拠金(10万円)
 
 レバレッジは10倍となるわけです。
 
そうレバレッジは、口座のお金の何倍取引をしているかということです。
上記のように10倍以上のレバレッジがかかってくると、為替の変動の影響も
10倍受けることになりますので、リスクも高くなりますね。
レバレッジを低く設定するには、証拠金をたくさん用意するか、買い注文を
抑えるかしなくてはなりません。

FX投資はレバレッジのコントロールがとても大切なのです!!


posted by Rose at 16:00| ウィーン 🌁| FX用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。