2007年10月18日

FXのチャート分析 ファンダメンタル分析

今日はもうひとつの分析である、ファンダメンタル分析についてお勉強です。

FXに限らず為替取引は、通貨を売買(両替)する取引です。
交換する2つの通貨間の比較で、相対的にどちらが優れているのかを判断します。
この比較の際に、ファンダメンタルズを使うのです。

ファンダメンタルズとは、経済等の基礎的要因と呼ばれ、経済の状況を表わした
各指標のことで、指標は数多くあり、国ごとに決まった時期に発表されます。
例えば、
 GDP、政策金利、失業率、経済成長率、生産者物価指数、卸売物価指数、
 貿易収支、小売売上高  etc...

実は、FXではテクニカル分析の予測があまりに的中するので、「ファンダメン
タルズ分析は要らない!」という人も多いみたいなのです。
また、「ファンダメンタル分析は難しいし、経済・金融の知識がないから分からん」
とあきらめてしまう人も多いようです。

為替を動かすニュースは株価を動かすニュースと少し違って、中長期的影響を
与えると思われるニュースに反応することが多いのです。
中長期的なトレンドさえ見ることができれば、十分ファンダメンタルズ分析が
できます。GDPの成長率や政策金利などのスタンダードなもの以外にも、最近の
ホットな話題は何かということには常にチェックしておいたほうがいいですね。


posted by Rose at 18:00| ウィーン 🌁| FXチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。