2007年10月30日

FX便利な条件注文 U

昨日の条件注文の応用系で、新規注文と決済注文を同時に出す方法があります。

『IFD注文』If doneのこと
 新規注文がもし成立したら、その時点でもうもう一つの注文を組み合わせて
 出す注文方法です。 新規注文と一緒に決済注文を出すということです。
  
 「為替レートが120円前後で動いているときに、118円まで下がったら
  買い、123円まで上がったら売りたい」
  118円の買い指値注文と123円の売り指値注文を
  IFD注文として出すわけです。
  うまくいけば5円の為替差益確保となります。

為替レートは、思わぬニュースによって乱高下することも少なくありません。
日本時間の深夜にニューヨーク市場で為替相場が大きく動くということはよく
あることなのです。
そんな状況の中でIFD注文は利益を確保する力を発揮するのです。


posted by Rose at 18:00| ウィーン ☁| FX便利なツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。