2007年11月02日

FXのリスク管理 U

損切りの目安は人それぞれだと思いますが、早めに決済して損を防ぐのであれば、
為替のレートが50銭〜1円程度不利な方向に動いたら決済してしまうというのが
一般的なようです。
しかし、レバレッジが2〜3倍程度だったら必ずしも損切りは必要ありません。
それは追加証拠金になることがほとんどないからです。するとポジションをいつま
ででも持ち続けられ、この間にスワップ金利がもらえるので、下手に決済するより
も損を抑えることができるからです。
株投資していた人は「塩漬け」なんて買ったときよりも絶対に損をすると思うでし
ょうが、FXはここが利点でもあるのです。
毎日利子がつくなんて株にはありえませんものね。
しかも為替の変動幅は、株よりも少ないため、いずれは自分の購入したレートに戻
ってくることが多いのです。
 《レバレッジが高い→損切り》
 《レバレッジが低い→塩漬け》
レバレッジが高い場合は、昨日までに学んできた条件注文をうまく使いこなして
損切り注文を出しておくとか、急激に為替が動き出した場合はOCO注文で損切り
注文の対策をしておく、そんなリスク管理のシナリオを作ると良いですね。


ラベル:塩漬け 損切り FX
posted by Rose at 19:26| ウィーン | FXのこつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。