2007年10月25日

FX初心者には小額投資

レバレッジの概念がきちんと理解できていないと初心者には命取りです。
最初の取引でマージンコールが50万や100万円も発生してしまうと、ショック
で恐ろしくなって、その後の取引も冷静な判断が出来なくなってしまいます。
これはFXの取引が危険なのではなく、自分が自ら選択してしまった結果なのです。
初心者は、リスクの高い取引を、知らず知らずのうちにしてしまいがいちです。
今は、特に儲けられるっていう情報が多いので麻痺してしまうのでしょうね。

こんな例があります。
A氏は外貨預金と同じだと思って500万円を金利の高いNZドルで運用すること
にしました。おまけに、インターネットが出来なかったためにFX会社の営業さんに
注文を出しました。
実はこの500万円に20倍のレバレッジがかけられて運用されていたのです。
数日後、損益がマイナス100万円になっていました。
なぜ、短期間でこんなにも損しているのか、本人はパニック状態になりました。
A氏は500万円に20倍ものレバレッジをかけたら1億円の取引をしていると
いう事を理解していなかったのです。
1億円分のNZドルを運用したらどうなると思いますか?
1NZドル90円だとしたら111万NZドルを運用していることになりますよね。
1円為替が不利な方向に動くと、1万NZドルならば、1万円の損ですみますが、
111万NZドルだったら、、、111万円の損、2円だったら222万円の損、
3円だったら333万円の損と、、、あっというまに500万円なんてなくなって
しまいます。
500万円の外貨預金をするのであれば、レバレッジは1倍にして5.5万NZドル
程度の取引にしなくてはいけません。
気付いたときには、損失が大きく、決済するに出来ない状態になることを避ける
ためにも、初心者は小額投資で低いレバレッジをおすすめします。
焦って取引しても良いことはありません。FXは24時間いつでもチャンスが
あるのです。
長期的に考える心の余裕で賢く資産運用することが重要です。


posted by Rose at 23:41| ウィーン 🌁| FXのこつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

FX初心者には小額投資

何事も、最初は慎重にというのが皆思うところです。
しかも、リスクが伴う投資だったらなおさらですよね。
FXでリスクが高いのは
 ・大きな金額の取引をする
 ・レバレッジが高すぎる
いずれかに当てはまってしまうのです。
なので、リスク回避としてまずは小額資金で取引を始めることです。
小額、、、個人差ありますかね?!(笑)
できれば、1000通貨単位が良いと思います。
ちょっと資金にゆとりがあっても1万通貨単位までです。

ほとんどの通貨は1000通貨単位だと、10万円とか15万円程度の金額です。
 1000ドル  11.5万円
 1000ユーロ 16.5万円
 1000豪ドル 10.5万円
これくらいのお金の取引なら失敗しても痛手は少なく、他の投資をすればよくある
ロス額だったりします。
FXの恐ろしいところは、これがレバレッジ10倍100倍の取引になると、
 1万ドル  115万  10万ドル  1150万
 1万ユーロ 165万  10万ユーロ 1650万
 1万豪ドル 105万  10万豪ドル 1050万
1万円で1000ドルの取引をするのも、100万円で1000万円の取引を
するのも、レバレッジ=取引金額÷証拠金は同じ10倍なのです。
レバレッジ10倍といってもこのように取引金額の違いによって大きな差が出て
くるために安全とは一概に言えません。

小額投資ならば、例えば1万円でレバレッジ10倍 11万円の取引をして
マージンコールがきても、追加証拠金は2万円くらい用意すれば問題ありません。

                          To be continued
posted by Rose at 18:00| ウィーン ☔| FXのこつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

FX取引 もうひとつの使い方

以前にちょこっと触れましたが、FX取引で両替することもできるんですよ。
「受渡決済」することによって、外貨を円に転換(現渡)したり、円を外貨に転換
(現受)することができるのです。

  証拠金10万円 レバレッジ10倍
  1ドル=110円で1万ドル購入 
        
    現受依頼 ↓
      
100円×1万ドル−10万円(証拠金)+300円(売買手数料)
   =100万300円 資金入金

         ↓(実際にはスワップポイントもつきます)

   1万ドルが口座に入金

指定した外貨預金口座に出金依頼をすれば数日中に外貨が振り込まれます。

ここでかかったコスト、、、
 ・買いの売買手数料 300円(業者により異なる)
 ・外貨送金手数料 同じ銀行の同じ支店であれば無料ですが、他行に依頼すれば
          数千円ほどかかります。(金融機関によって異なる)

逆に、現渡依頼で1万ドルを送金(手数料自己負担)すれば、円が入金されるという
ことになります。
というように、巷で換金するよりも低コストで両替をすることもできるのです。
posted by Rose at 18:00| ウィーン ☔| FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。